🌙ヒーリングハンドタッチ KuuTamoのしずく💦

ワタシのこころが日々感じたままを書き綴ります。水面に雫が一滴こぼれた時のような波動がふわっと拡がりますように…という想いをこめて。

息子、応援団団長の夏。

今晩は。ヒーリングハンドタッチの

chizuru(ちずるん)です。

 

気温が高く厳しい暑さが続いて

おりますが、皆さまいかが

お過ごしでしょうか?

我が家は今年の酷暑も相変わらず、

クーラー無し生活のまま過ごして

います。

 

今日は、とても濃かった先月を

振り返り、記録として残しておきたい

と思います。

 

先月の23日に息子の通う高校の

野球部が夏の高校野球準々決勝で

惜しくも敗退してしまい、それと

同時に応援団団長を務めた息子と

私のもっとも熱く長かった夏も

終わりを告げました。

 

息子は今まで、私が息子の様子を

見に行く事を嫌がったので今年の

夏は最初で最後の息子の応援団と

しての、そして団長としての姿を

間近でたっぷり見る事ができました。 

 

敗退までの5試合。仕事とも被ったり

しましたが勤務を変わっていただき、

おかげさまで全試合を最初から

最後まで堪能する事ができました。

 

最後の試合は15:30〜19:20まで

延長12回のまさに熱戦。その試合は

テレビでも放映されて何人もの方が

テレビの前で、そして心の中で応援を

してくれました。(息子の中学時代の

恩師もテレビを見てくださっていた

とのこと。ありがたいことです。)

 

泣いてしまうので私はまだ放送を

見てはいませんが、息子が精一杯

声と体を使って応援している様子を

テレビ画面を通して皆さんに

見ていただく事が出来たようです。

いい場面を写してくださったカメラ

マンさんと助手の方には感謝です。

 

さて。9回裏。相手校の攻撃。

得点は三対三。ツーアウト満塁。

スリーボールのツーストライク。

あと1回ボールだったらバッター

が出塁して負けてしまう場面。

 

ピッチャーが投げた球は見事

ストライク‼️盛り上がる応援席。

普段、試合中は団長としての務めが

あるからか感情を表に出さない

息子もこの時は嬉しそうにみんなと

喜んでいました。

 

だんだんと日が落ちていき、ライトも

ついてナイター試合になりました。

それでも応援の熱は熱くなるばかり。

その後、惜しい場面もありましたが

相手のタイムリーで1点が入って

試合終了。強豪相手に精一杯戦って

くれました。

 

負けてしまった後の息子は、団長

として野球部のメンバーの元へ挨拶を

して他の団員の元へ戻ってきました。

が、その後はその場で座り込んでしまい

ハチマキを外すのも忘れて呆然として

いるようでした。

 

お友達にハチマキを外してもらい

ようやく我にかえる息子。その姿を

見て、息子が全身全霊をかけて団長を  

務めていたことに気づきました。

 

多い時には全校生徒およそ800人に

父兄の方々までの応援をまとめる

役目があった息子。皆をまとめる

ために毎試合、全身をフルに使い

指揮をとったり指示を出したり。

 

伝統を受け継いでの応援。試合が

始まる前には相手校などへ挨拶へ

行く事も仕事の一つ。

苦労もあったと思いますが、精一杯

務めあげた姿を見て涙が止まりません

でした。

 

間近で見る高校野球はとても面白く、

鳥肌が立ったり涙が溢れたり。

ここまで心を揺さぶられるものなんだ

と初めて思いました。

来年は息子はOBになってしまいます

が、また息子の母校の応援に行って

高校球児たちの熱戦、そして応援席の

熱い想いを見にいきたいなと思って

います。

 

今年の夏は酷暑にも負けないぐらい

暑い夏でしたが私にとってはもちろん、

きっと息子にとっても忘れられない

素敵な夏になりました。と、同時に

息子をとても誇らしく感じた夏でした。

 

7月いっぱいは試合の悔しさなどを

引きずっていた私でしたが、周りの

方々に写真や動画を見ていただき

ながら話を聞いていただいたおかげ

で少しずつ癒されていきました。

お付き合いくださった皆さん、

ありがとうございました。

 

後日談。

全校応援の時に今年ほど全員が声を

出したりメガホンを叩いたりと一丸と

なって応援した年はなかったと、

応援団部の顧問の先生よりお言葉を

いただいたそうです。

 

f:id:KuuTamo:20180818193503j:image

ある日のお散歩中の空。

 

kiitos(ありがとう)

 

🌙chizurun🕊(id:KuuTamo)